シフトーク®利用規約

株式会社インテリジェントドッグス(以下、「当社」と呼称する。)が運営するASPサービス「シフトーク(シフトーク)」(以下、「本サービス」と呼称する。)を利用する者(以下、「利用者」と呼称する。)は、本サービスの利用に関し、以下の規約(以下、「本規約」と呼称する。)に同意する。

第1条(本規約の目的・適用範囲)

当社は、個人情報及び特定個人情報の取り扱いに関して、個人情報保護に関する法令、特定個人情報保護に関する法令及びその他の適切且つ合理的な社会規範を遵守いたします。

  • 本規約は、当社が運営する本サービスの利用に関して定めることを目的とする。
  • 利用者は、本規約を誠実に遵守する。
  • 本規約は、利用者と当社との間の本サービスに関する一切の関係に適用する。

第2条(本規約の変更)

当社が、本サービスの円滑な運用を図るために必要に応じて利用者に通知する本サービスに関する諸規定は、本規約の一部を構成する。

第3条(利用者の申込・開始)

  • 本サービスの利用を申し込む者(以下、「利用申込者」と呼称する。)は、本規約(本規約が更新された場合には、その更新されたものも含む。)の内容を承諾した上で、当社所定の利用申込書に必要事項(シフトーク担当者及び請求書送付先の氏名等を含む。)を記載の上、当社所定の方法により申し込むものとする。但し、当社は当該申し込みを承諾する義務を負わないものとする。
  • 利用申込者は、本規約の内容を承諾しているものとする。
  • 当社が第1項の申し込みを承諾した場合に、利用申込者と当社との間で本規約を内容とする本サービスの利用契約(以下、「利用契約」と呼称する。)が成立し、利用申込者は利用者たる資格を有するものとする。

第4条(利用の届出)

  • 利用者が利用申込の際又はその後に当社に届け出た内容に変更が生じた場合、利用者は、当社所定の書式により、遅滞なく、その旨を届け出るものとする。
  • 利用者は、(1)合併、営業譲渡、営業譲受、会社分割、重要な資産の譲渡、株式交換、株式移転、資本減少を行った場合、(2)破産、会社更生手続開始、民事再生手続開始、特別清算の申し立てがあった場合、(3)自らが発行した手形又は小切手が不渡りとなり又は銀行取引停止処分を受けた場合、(4)差押、仮差押、仮処分、強制執行をされた場合には、当社に対して遅滞なくその旨通知するものとする。
  • 利用者は、本条第1項の届出義務を怠ったことにより当社からの通知を受領できなかった場合でも、当社からの通知が通常であれば当社が把握している住所、電子メールアドレス等に到達すべきときに、到達したものとみなすことに予め異議なく承諾するものとする。

第5条(本サービスの内容)

  • 本サービスは、利用者が営む本サービスにて対応可能な事業に対して、勤怠管理及び、雇用者管理、利用者で発生する各種情報(以下、「登録情報」と呼称する。)の管理、報告書作成等を提供する。詳細は「別項1」に記載する。
  • 利用者は、本サービスを利用するにあたって、利用者の雇用者の氏名、性別、就業実績データ、その他利用者が収集、管理する個人情報の保管、その他の取扱いを当社に委託するものする。
  • 本サービスの利用可能地域は、日本国内に限る。
  • 本サービスには、利用者のシステムの管理は含まないものとする。
  • 本サービスにおいて、利用者が「パートナー会社」として、本サービスの利用を承認した利用者以外の会社(以下、「パートナー」と呼称する。)に対しても、利用者と同様に本規約の内容を遵守する義務を追うものとする。
  • パートナーが原因で生じた事故、問題、紛争が発生した場合は、利用者の責任と負担で解決するものとする。

第6条(利用可能時間及びその他の利用条件)

  • 本サービスの利用可能時間は、毎日午前5:00~翌日午前2:00とする。但し、第14条に定める中断・停止の場合を除くものとする。
  • 前項の他、本サービスの利用条件は、本契約及び別途当社が利用者に交付する操作マニュアル、並びに必要に応じて利用者に通知する本サービスの利用に関する諸規程に記載のとおりとする。

第7条(設備の利用及び維持)

  • 利用者は、自らの責任と負担で、本サービスを利用するために必要となる通信機器(電話利用契約を含む。)、コンピュータその他の接続機器、ソフトウェア等(以下、これらを総称して「利用者設備」と呼称する。)を設置するものとする。
  • 利用者は、自らの責任と負担で、利用者設備を正常に稼動させるよう維持し、本サービスにアクセスするものとする。

第8条(利用料金)

  • 本サービスの料金は、申込サービスに応じた料金プランによって設定される。料金プランについては、申込書に金額と共に明記する。
  • 当社は、必要に応じて利用料金を変更することができるものとする。かかる変更は、緊急でやむを得ない場合を除き、当社の指定する変更実行日の少なくとも1ヶ月前に利用者に通知する。
  • 利用者は、本条第1項の利用料金を当社が指定する金融機関口座に振込送金する。振込手数料は、利用者の負担とする。
    利用者が、第1項の支払いを前項の期日までに支払いをしなかった場合は、支払期限以降、年率12%の遅延損害金を支払う。

第9条(契約期間)

利用契約の期間は、利用開始日より最短1ヶ月間とし、利用契約終了の1ヶ月前に当社又は利用者から利用契約を終了する旨の通知がなされない場合は、同一の条件にて自動的に更新されるものとし、以後も同様とする。

第10条(利用者による契約の解除、終了)

  • 当社が第2条により本サービスの内容を変更(但し、軽微な変更又は利用者の負担を加重しない変更の場合を除く。)した場合、利用者は当該変更についての通知日から1ヶ月以内にその旨を当社に通知することにより、本サービスの利用契約を解除することができるものとする。
  • 利用者は、前項所定の事由がない場合であっても、当社に対し1ヶ月以上前に書面で通知することにより、利用契約を終了できるものとする。

第11条(外部委託)

当社は、必要に応じて本サービスの運営の一部又は全部を第三者に対して委託できるものとする。但し、委託先には機密保持契約において、当社と同等の機密保持義務を負わせることとし、当社は委託先により同義務が適切に遂行されていることを適宜確認することとする。

第12条(データ保管及びデータ削除)

当社は、別項2に則り、第5条1項および2項において扱われる利用者の各種データの保管及び削除を行うものとする。

第13条(サポート)

  • 当社は、利用者が本サービスを円滑に利用することを目的にサポートデスクを設置する。
  • 当社は、利用者からの本サービスに関する問い合わせに対し、別項3に則り、回答する。
  • 当社は、本サービス開始の前に、サポートデスク利用方法を利用者に通知し、利用者はそれを遵守するものとする。
  • 当社は、サポートデスク利用方法を必要に応じて変更できるものとする。

第14条(本サービスの中断・停止)

  • 当社は、次の各号のいずれかの事由に該当する場合、利用者に事前に通知し(但し、定期的な保守点検の場合を除く。)又は通知することなく本サービスの全部もしくは一部を中断又は停止することができる。
    • (ア)本サービスに関連する設備の点検、保守を行う場合
    • (イ)本サービスに必要な通信回線、サーバー、PC等が事故、天災、その他不可抗力により使用できない場合
    • (ウ)法令等に基づく措置により、一時的な中断・停止が必要な場合
    • (エ)その他正当な事由により、当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合
  • 当社は、第1項に基づく本サービスの提供の一時中断、停止等の発生により、利用者又は第三者が被ったいかなる損害、不利益についても、その理由を問わず一切の責任を負わないものとする。

第15条(法令等の遵守義務)

利用者及び当社は、本サービスの利用及び利用者における事業運営にあたり、適用ある法律・政令等(当該法律に基づき発せられる指針、通達等による解釈も含む。)を遵守するものとする。

第16条(利用体制の整備等)

  • 利用者は、自己の判断と責任において、本サービスの利用にあたり、以下の事項を決定し処理するものとする。
    • 本サービスを適正に利用するために必要な利用者の人的物的業務体制の整備・維持
    • 本サービスを利用する全ての者に対する利用方法の指導
    • 本サービスを利用するに際し、利用者側のコンピュータシステム等の管理、利用者内部におけるID及びパスワードの発行・管理、利用者内部設定及び前2号につき責任を有する者(以下、「シフトーク担当者」と呼称する。)を1名ないし2名選定し、当社所定の方法により当社に通知すること
  • 各シフトーク担当者は、本サービスの適切な利用を図るため、本規約の内容及び操作マニュアル等の内容を正しく理解し、ID及びパスワードの発行・管理、利用者内部設定を適切に処理し、本サービスを利用する関係者に対し必要な指導を行い、必要な設備等の保持・管理を行うものとする。
  • 各シフトーク担当者は、本サービスの適切な利用を図るため、本規約の内容及び操作マニュアル等の内容を正しく理解し、本サービスに関する利用者と当社との間の通知の授受及び必要な協議等を行うものとする。

第17条(ID・パスワード管理)

  • 各シフトーク担当者は、利用申込承認のときに当社が利用者に通知するシフトーク担当者用ID及びパスワードを使用するものとする。また、当社は、利用者のシフトーク担当者から当社宛てに連絡を受けた場合、当社が適当と判断する方法でシフトーク担当者の本人確認をすることがある。
  • 利用者は、ID及びパスワードの盗難、又は第三者による不正使用を防止する責任を負うとともに、万一、これにより当社又はその他第三者に損害、又は紛争が発生した場合は、利用者の責任と負担でこれを解決するものとする。利用者は、ID及びパスワードの盗難、又は第三者による不正使用の事実を知った場合、直ちにその旨を当社に連絡するものとする。その場合において、被害防止のために当社から指示があるときはそれに従うものとする。
  • 利用者が、ID及びパスワードを当社に無断で第三者に利用させること、また貸与、譲渡、名義変更、売買、質入等の処分行為を行うことはできないものとする。
  • 本サービスのセキュリティ向上のため、当社がID及びパスワード以外の技術的手段を採用した場合、本手段にも本条の規定が適用されるものとする。

第18条(禁止行為)

本サービスの利用に際し、当社は利用者に対し、次に掲げる行為を禁止し、利用者が違反した場合、即時解約、利用停止等の必要な措置を取ることができる。

  • 当社又は第三者の財産を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為
  • 当社又は第三者に経済的損害を与える行為
  • 利用者の営む業務以外の利用を目的として、本サービスのID及びパスワードを第三者に貸与、譲渡、売買する行為
  • 本サービスの運営及びシステムに支障を与える行為
  • 本サービスの内容や情報を改ざん又は消去する行為
  • ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信又は掲載する行為
  • 本サービスの円滑な運営を妨げる行為又はその恐れのある行為
  • 本サービスの利用により得た情報を再販売、二次利用すること
  • 本サービスで得た情報をインターネット上で入手できる状態にすること
  • 利用申込に関連する書類等の記載に虚偽があった場合
  • 本規約に違反する行為
  • 上記の他、当社が不適切と判断する行為

第19条(利用制限)

  • 当社は、利用者が次の各号のいずれかの事由に該当する場合、本サービスの利用の全部、又は一部を制限することができる。
    • (ア)利用者の本サービスの利用により、コンピュータウィルスや大量送信メールの拡散等、利用者又は第三者に被害が及ぶ可能性があると当社が判断した場合
    • (イ)利用者との連絡が不能となった場合
    • (ウ)利用者が、行政処分その他公権力による処分を受けた場合
    • (エ)その他、利用制限をする必要があると当社が判断した場合
  • 利用制限に関して発生した損害に関し、当社は一切の責任を負わないものとする。

第20条(障害時の対応)

本サービスに障害が発生したときは、利用者及び当社は、コンピュータ端末、通信回線、ネットワーク設備の調査を行い、合理的な方法により障害を除去するよう努めるものとする。

第21条(登録情報の変更)

利用者が登録情報の変更を行う場合、当社に変更内容を通知し、通知を受けた当社は迅速に登録情報の変更を行うものとする。

第22条(バックアップ)

  • 利用者は、本サービスの使用上のデータ等に関し、自らの責任で同一のデータ等をバックアップし保存しておくものとする。
  • 当社は、データ等の保管、保存、バックアップ等に関し、一切責任を負わないものとする。

第23条(個人情報管理)

  • 利用者及び当社は、個人情報の安全管理処置について、個人情報保護法を遵守する。
  • 利用者及び当社は、各社の従業員、その他関係者に、前項による個人情報管理を徹底させ、遵守させる義務を負うものとし、万一、従業員又はその他関係者の行為により個人情報に関する事故、問題、紛争が発生した場合は、自らの責任と負担で解決しなければならない。
  • 当社は、個人情報の取扱いの全部又は一部を当社以外のものに委託するときは、委託契約において、個人情報の安全管理について受託者が講ずべき措置を明らかにし、受託者に対し、本規約と同等の必要かつ適切な監督を行うものとする。
  • 利用者及び当社は、相手方の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供しないものとする。但し、次の各号を除く。
    • (ア)法令に基づく場合
    • (イ)第三者の生命、身体又は財産の保護のために必要があると判断した場合
    • (ウ)その他、正当な事由がある場合
  • 個人情報の取扱いに関して当社と利用者との間で別途覚書が締結され、当該覚書に定める規定の内容が本規約と抵触する場合、当該覚書に定める規定が優先するものとする。

第24条(免責事項)

  • 本サービスは、利用者に別項1に定めるサービスを提供し、利用者によって交換される情報の真偽、効力、その履行等に関して責任を負わないものとする。
  • 当社は、利用者の本サービスの利用によって発生した、データの破損、流失もしくは損失については、一切責任を負わないものとする。
  • 当社は、当社のコンピュータシステム内のデータの同一性を保証する。ただし、当社は、利用者が送信した情報が当社のコンピュータシステムに到達するかどうか、及び当社のコンピュータシステムが送信した情報が利用者に到達するまで、その同一性が保たれているかどうかについては、一切の保証をせず、責任も負わないものとする。
  • 当社は、本サービスの提供が、利用者の特定目的に適合し、有用であり、利用者が主観的に求めるパフォーマンスを維持することのいずれも保証しないものとする。

第25条(損害賠償)

  • 当社は、利用者に対し、次の各号のいずれかの事由が生じた場合は、これにより生じた自らの損害を利用者に請求することができる。
    • (ア)利用者が本規約を違反したことによる損害
    • (イ)利用者の過失による損害

第26条(第三者の知的財産権侵害)

  • 当社は、第三者から本サービスが第三者の知的財産権を侵害している旨の警告等を受けた場合、当社の判断により、以下の措置を講ずる。
    • (ア)従前通り、利用者の使用に供する
    • (イ)当該警告等を受けた部分は、代替サービスを提供する
    • (ウ)当該警告等を受けた部分の使用を中止する
    • (エ)権利者から権利を取得する
  • 利用者は、第三者から本サービスが第三者の知的財産権を侵害している旨の警告を受けた場合、その旨を速やかに当社に通知し、当社の行う権利防御等に協力し、当該紛争の処理につき当社に必要な協力をするものとする。

第27条(当社の責任)

  • 当社は、本サービス品質の維持、向上に努める。
  • 当社は、利用者に別項1に定めるサービスを提供し、万一、正常な動作環境のもとで、別項1に記載された機能仕様に合致しないことが原因で本サービスの全部又は一部の提供ができない場合、速やかに当該不合致を補修する。
  • 当社は、操作マニュアルの記述内容に不正確・不明瞭な点があることに起因して、利用者が正常な動作環境のもとで本サービスの全部又は一部の利用ができない場合、当該記述内容を補修する。
  • 当社が前3項の措置を講じたにもかかわらず、本サービスの不具合が修正されず、かつ、その原因が利用者の責めに帰すべからざる事由による場合は、当社が当該不具合発生の事実を確認してから連続して24時間以上利用者が本サービスの全部を利用できない場合に限り、当該利用できなかった時間数を24で除した数(小数点以下の端数は切り上げるものとする。)に1万円を乗じた額を上限として、当社は、利用者の損害を賠償するものとする。但し、利用者が当該請求を請求可能となった日から3ヶ月を経過する日までに当社に請求しない場合、利用者は請求権を放棄したものとみなす。
  • 前項の場合を除き、当社は、その原因の如何を問わず、利用者の責任に帰する利用によって利用者が被った損害について賠償の責任を負わない。但し、当社に故意又は重過失がある場合はこの限りではない。

第28条(知的財産権)

  • 本サービスにおいて当社が利用者に提供する一切の著作物(本規約、操作マニュアル等を含む。)に関する著作権並びにそれに含まれるノウハウ等の一切の知的財産権は、当社又は当社の指定する者に帰属するものとする。
  • 利用者は、当社の提供物を以下のとおり取り扱うものとする。
    • (ア)本規約に基づき本サービスの利用を目的とする場合のみ使用すること
    • (イ)複製・改変・編集等を行わず、また、リバースエンジニアリング、逆コンパイル又は逆アセンブルを行わないこと
    • (ウ)営利目的の有無に関わらず、第三者に貸与・譲渡・担保設定等しないこと
    • (エ)当社又は当社の指定する者が表示した著作権表示を削除又は変更しないこと
  • 前2項の規定に関わらず、利用者は、本サービスの操作マニュアルにつき、当社の事前の承諾を得ることを条件として、利用者が本サービスを利用するために必要な範囲で複製し、編集することができる。
  • 利用者が本サービスを利用して本サービス上において記入したデータその他の情報に関する著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む。)は、利用者又は利用者の指定する者に帰属するものとする。

第29条(守秘義務)

  • 当社は、本サービスの提供により知り得た利用者の販売上、技術上又はその他の業務上の秘密(以下、「機密情報」と呼称する。)を本サービスの提供のためにのみ使用するものとし、以下に該当する場合を除き、第三者に公表又は漏洩しないものとする。
    • (ア)利用者の同意が得られた場合
    • (イ)法令により開示が求められた場合
  • 利用者は、本サービスの利用により知り得た当社の販売上、技術上又はその他の業務上の秘密(本契約の内容、本サービスの仕様書等を含む。)を本サービス利用のためにのみ使用するものとし、以下に該当する場合を除き、当社の承諾なしに第三者に公表又は漏洩しないものとする。
    • (ア)当社の同意が得られた場合
    • (イ)法令により開示が求められた場合
  • 利用者は万一、システムのトラブル及びオペレーションのミス等により本来知りえない情報を閲覧及び入手した場合、直ちに当社にその旨を通知すると共に、それを漏洩又はいかなる目的にも使用しないものとする。
  • 以下の情報は、本条の機密情報(但し、本項おいて個人情報は含まない。)に該当しないものとする。
    • (ア)公知の事実
    • (イ)本サービスにより知り得た以前から保有していた情報
    • (ウ)本サービスにより知り得た情報に依存せずに独自に開発発見された情報
    • (エ)正当な権利を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく適法に入手した情報
  • 利用者及び当社は、本規約の遂行に必要な各自の従業員に限り、機密情報を開示できるものとし、開示を受けた当該従業員は、利用者及び当社の負う機密保持義務と同等の義務を退職後も含め、課されるものとする。当社と利用者の間に、別途「機密保持契約(NDA)」等が存在する場合、本条の規定と相違する規定においては、当該「機密保持契約(NDA)」等の規定を適用するものとする。

第30条(反社会的勢力の排除)

  • 利用者及び当社は、自ら(主要な出資者、役員、及びそれに準ずる者を含む)が暴力団、暴力団員・準構成員、暴力団関係企業、特殊知能暴力集団の関係者その他公益に反する行為をなす者(以下、「反社会的勢力」と呼称する。)でないこと、過去5年間もそうでなかったこと及び反社会的勢力と資金提供、便宜供与その他いかなる関係も有しないことを表明し、かつ将来にわたっても反社会的勢力とのいかなる関係も有しないことを誓約する。
  • 利用者及び当社は、自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風説を流布し偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為及びその他これらに準ずる行為を行わないことを誓約する。
  • 利用者または当社は、相手方について第1項の表明に反することが判明した場合又は前2項の誓約に反した場合、本契約を解除できるものとする。なお、この解除によって生じた損害については、解除当事者は責任を負わないものとする。

第31条(利用者資格の停止、契約解除)

  • 当社は、利用者が次の各号のいずれかの下記の事由の一に該当する場合には、当社は何ら通知催告なくして、利用者資格を停止し又は利用者に通知の上、直ちに本サービスの利用契約を解除できるものとする。
    • (ア)当社は、利用者における第15条第1項の規定の遵守状況について、本サービスの利用を通じて確認できる事項については、適宜確認を行うことができ、かつ、必要に応じて是正を求める通知を行うことができるものとし、10日以内に是正措置が完了していないと当社が判断した場合
    • (イ)利用者が、差押、仮差押、仮処分、強制執行された場合
    • (ウ)利用者が、破産、会社更生手続開始、民事再生手続開始、特別清算の申し立てをし、又は第三者からこれをされた場合
    • (エ)利用者自らが振り出した手形・小切手の不渡り処分又は銀行取引停止処分を受けるなど、支払不能又は困難な状態にあると当社が判断した場合
    • (オ)その他、当社との間の信頼関係が破壊されたと当社が判断した場合等、利用者として不適格であると当社が判断した場合
  • 当社は、何時でも、利用者に対し1ヶ月以上前に書面で通知することにより、本サービスを終了できるものとする。
  • 本条に基づき本サービスが停止、解除、終了した場合であっても、本規約に特別の規定がある場合を除き、当社は利用者その他のいかなる者に対しても、いかなる責任も負担しないものとする。

第32条(契約終了時の処理)

  • 利用契約が期間満了又は利用資格の停止・抹消、その他の理由により終了した場合、利用者は本サービスを一切利用できないものとし、当社から提供された一切の物品(本サービスの仕様書、操作マニュアル等を含む)を直ちに当社に返還するか、又は当社の指示に従うものとする。
  • 利用契約が終了、解除、又は解約された場合、利用者は、ダウンロード、コピーしたデータ、抽出した資料(媒体は問わない)を、法令で定められた保存のために保持する情報及び利用契約の終了、解除、又は解約の時点で利用者において、保存することにつき合理的根拠が認められるものを除き、全て廃棄・削除するものとする。
  • 利用契約が終了、解除、又は解約された場合、当社は利用者から委託を受け、保管する個人情報を、法令により保存が求められる情報を除き全て廃棄又は削除するものとする。
  • 本規約の有効期間中に発生した利用者の当社に対する金銭的債務は、本規約終了後も存続するものとし、金銭的債務が全て履行されるまでは、当該債務の履行に関する合意内容は有効に存続する。
  • 利用者は、契約期間終了後も、当社のサービスに関連する営業上又は技術的な情報を第三者に公表、漏洩しない。

第33条(不可抗力)

  • 本規約上の義務を、以下に定める不可抗力に起因して遅滞もしくは不履行となったときは、利用者及び当社双方本規約の違反とせず、その責を負わないものとする。
    • (ア)自然災害
    • (イ)伝染病
    • (ウ)戦争及び内乱
    • (エ)革命及び国家の分裂
    • (オ)暴動
    • (カ)火災及び爆発
    • (キ)洪水
    • (ク)ストライキ及び労働争議
    • (ケ)政府機関による法改正で、本規約に重大な影響を与えると認められるもの
    • (コ)その他前各号に準ずる非常事態

第34条(本規約の内容変更)

本規約の内容変更は、当該変更内容につき、事前に利用者へ書面による通知のうえ、変更することができる。

第35条(権利義務譲渡の禁止)

利用者は、当社の書面による同意を得ることなく、本規約上の地位を第三者に承継させることはできない。また、本規約から生じる権利義務の全部もしくは一部を第三者に譲渡し、引き受けさせ、もしくは担保に供してはならない。

第36条(第三者への責任)

利用者が本サービスの利用により第三者に対し損害を与えた場合、自己の責任でこれを解決し、当社にいかなる責任も負担させないものとする。また、利用者は、本サービスの利用により第三者との間で紛争等が発生した場合、自己の責任で解決するものとし、当社にいかなる責任も負担させないものとする。
当社に費用等が発生した場合は、利用者がこれを負担するものとする。但し、利用者に帰責事由が無い場合はこの限りではない。

第37条(利用者に対する通知)

  • 利用者に対する通知は、当社の判断により、以下のいずれかの方法で行うことができるものとする。
    • 利用者が利用申込の際又はその後に当社に届け出た利用者の電子メールアドレス宛に電子メールを送信して行う。この場合は、利用者の電子メールアドレスを管理するサーバに到達した時をもって、利用者に対する通知が完了したものとみなす。
    • その他、当社が適切と判断する方法で通知することがある。
  • 本規約又は関連法令において書面による通知手続が求められている場合、前項(1)乃至(2)の手続により書面に代えることができるものとする。

第38条(協議解決)

利用者及び当社は、本規約の条項を誠実に履行し、本規約に規定のない事項又は本規約の解釈に疑義が生じたときは、信義誠実の原則に基づき、協議を行い、その解決を図るものとする。

第39条(準拠法及び合意管轄)

本規約の準拠法は、日本国法とし、本規約から生じる一切の紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第40条(適用日)

本規約は、2013年8月1日から適用するものとする。

以上

利用規約-別項1 提供する機能一覧

管理サイト

管理者ツール マスタメンテナンス
ログイン管理
設定 基本設定
メール通知設定
ユーザ ユーザ管理
グループ管理
部署管理
パートナー管理
スタッフ アサインに日付や時間を紐付ける作業を指します。
アサインに日付や時間を紐付ける作業を指します。
アサインに日付や時間を紐付ける作業を指します。
勤務先 店舗管理
チャネルグループ管理
店舗グループ管理
案件 クライアント管理
クライアント部署管理
クライアント社員管理
案件管理
アサイン管理
シフト 日次シフト
月次シフト
スタッフ別月次シフト
シフト登録
スポットシフト枠一括登録
常勤スタッフ管理
帳票 帳票作成
コミュニケーション スタッフサイトのお知らせ
スタッフへのメッセージ
コミュニケーション管理
社内スケジュール
ラウンダー ラウンダー巡回先管理
訪問目的管理
レポート 訪問先別統計
シフト報告書
ラウンダー報告書検索
店舗マスタ一覧
レポート画像検索
報告書テンプレート管理
店舗マスタテンプレート管理
その他 マイページ
個人設定
スタッフプロフィール

スタッフサイト

勤怠連絡 マイページ
前日確認
起床連絡
出発連絡
到着連絡
入店連絡
退店連絡
交通費記入
シフト提出
ラウンダー 巡回先追加
巡回先-入店
巡回先-退店
巡回先-報告書記入
巡回先-店舗マスタ更新
巡回先-写真アップロード
巡回先-帰宅交通費入力
その他 スケジュール提出
お知らせ
出勤履歴
店舗検索
定期券登録
ヘルプ

利用規約-別項2 データ保存期間及びデータ削除について

保管期間
本サービスに登録した全てのデータ及び、アップロード機能を利用してシステム内に保存された写真等のコンテンツの保管期間について、契約終了時に、以下の2通りから選択することが可能です。
  • 即時削除
  • 契約終了日から6ヶ月間保存
    尚、ご利用契約期間中は「保管容量」の制限内にて継続して保管されます。
保管容量
本サービスのご契約内容に応じて設定されている「最大保管容量」まで、登録データ及びアップロードコンテンツを保管致します。
データ削除
「保管期間」を満了したデータにつきましては、事前の通知なく全て削除致します。
バックアップ
1日1回、AM2:00~AM5:00までのメンテナンス時間内で実施されます。過去30日分を保持致します。

利用規約-別項3 推奨動作環境

ユーザー管理サイト

OS
Windows Windows 10以降
Macintosh Mac OS X以降
Webブラウザ
Microsoft Internet Explorer 11以降/Microsoft Edge
Google  Google Chrome最新版
Safari  Safari最新版
※ 非対応
Internet Explorer Internet Explorer 10以下 (Microsoft社サポート終了の為)
その他 上記未掲載のモダンブラウザ

スタッフサイト

OS
スマートフォン/タブレット
Android OS   Android OS 最新版
Apple iOS   iPhone iOS 最新版
※一部旧機種を除く
Webブラウザ
Google Chrome 最新版
推奨スマートフォン:Android OS 最新版、iPhone iOS 最新版
フィーチャーフォン
一部旧機種を除き利用可能

記載されている内容に関わらず、製造元のサポートが終了している製品・サービスは動作環境に含まれません。